SYSTEM ERSの仕組み・特徴

背景画像
ホーム  > ERSの仕組み・特徴

5分でわかるERSの仕組み・特徴

SYSTEM ERSの仕組み

ERS1機あたり日量0.5トン~50トンの処理が可能で、その処理工程において排水と悪臭が発生しない設計となっています。

図

ERSのサイズ

1日あたりの最大処理重量
(24時間稼働時)
本体容積 (m3)
本体サイズ (m) 幅(W)
奥行き(D)
高さ(H)
ERS-1U ERS-2U ERS-3U ERS-4U ERS-5U
2 ton/日 4 ton/日 8 ton/日 15 ton/日 25 ton/日
3.15 5.93 10.25 15.51 19.81
6.3 8.3 9.9 14.1 15.3
3.2 3.2 3.4 4.1 4.3
3.8 4.2 4.6 4.7 4.8

※最大処理重量は処理物の種類、体積、含水率などにより異なります。

微生物・特許

装置を設置する現場周辺から採取した環境微生物のうち、特定の3種類をERSシステムでの発酵・乾燥に利用します。これらの微生物は、特許微生物として独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE: National Institute of Technology and Evaluation)の特許微生物寄託センター(IPOD: International Patent Organism Depositary)に寄託しています。

※これらの微生物は共生関係にあり、「共生菌」として寄託された世界初の事例です。

微生物の写真

装置の特許

  • 微生物、微生物含有組成物、並びに、該微生物を用いた有機肥料の製造方法
    [日本] 4153685 (July 11, 2008)
  • 処理対象物の発酵乾燥による燃料化装置及び燃料化方法
    [日本] 6763575 (September 14, 2020)
    [中国] ZL 2018 8 0052014.4 (September 10, 2021)
    [フィリピン] 1-2020-500383(April 19, 2022)
  • バイオマスバーナの燃料製造装置及び製造方法
    [日本] 6763576 (September 14, 2020)
    [中国] ZL2018 8 0058171.6 (September 10, 2021)
    [フィリピン] 1-2020-500516(November 10, 2022)
  • 有害微生物を含む有機物の処理方法及び処理方法
    [日本] 6829468 (January 26, 2021)
    [中国] ZL201880052013.X (August 9, 2022)
  • 貝殻処理装置および貝殻処理方法
    [日本] 7015044 (January 25, 2022)
  • 有機物のメタン発酵における消化液の処理装置及びその処理方法
    [日本] 7083160 (June 2, 2022)
  • プラスチック包装された食品廃棄物の処理装置及び処理方法
    [日本] 7114064 (July 29, 2022)
    [中国] ZL201980039470.X (October 21, 2022)
  • 脱油脂乾燥物の製造装置および製造方法
    [日本] 7138329 (September 8, 2022)
  • 多孔質物質の乾燥装置を備えた水素製造装置、および水素製造方法
    [日本] 7146277 (September 26, 2022)
    [インド] 441615 (July 31, 2023)
    [中国] ZL2020080054877.2 (June 27, 2023)
  • オイルスラッジの処理装置 及びその処理方法
    [日本] 7175005 (November 10, 2022)
    [米国] US11,753,325 B2 (September 12, 2023)
  • 家畜の排泄物の処理装置 及びその処理方法
    [日本] 7178697 (November 17, 2022)
    [オーストラリア] 2019369118 (December 8, 2022)
    [米国] US 11,618,704 B2 (April 4, 2023)
    [デンマーク] DK181219 (May 10, 2023)
  • 燃焼炉の燃料製造装置および製造方法
    [日本] 7246707 (March 17, 2023)
  • ボイラー装置及びこれを備えた有機性廃棄物の処理装置
    [日本] 7260154 (April 10, 2023)
    [インド] 442090 (August 1, 2023)

MERIT ERSの特徴・メリット

  • 処理スピードが速い

    処理スピードが速い

    装置内部は沸点が50~70℃となるよう減圧し、土着菌にとって最適な活動環境を制御することにより、水分の多いごみでも高速で発酵乾燥処理します。

  • 排水・悪臭の発生なし

    排水・悪臭の発生なし

    ごみの水分は脱臭後に蒸散されるため、排水が発生しません(排水設備が不要)。また、装置内部では真空状態のなか、土着菌がごみに含まれるアンモニアを分解するため、悪臭も放ちません。

  • ごみの資源化を促進

    ごみの資源化を促進

    ERSの発酵乾燥処理により、発酵度合いや水分のムラがなく均一な品質の成果物が生成できます。成果物は、燃料、肥料、飼料、敷料として活用できます。

  • 温室効果ガス排出量の削減

    温室効果ガス排出量の削減

    廃棄物の水分や体積を低減するため、焼却処分する場合の温室効果ガス排出削減につながります。

  • 投入前の分別が不要

    投入前の分別が不要

    食品などの有機系廃棄物とプラスチック類が混在したままERSに投入できます。また、処理後にふるい機で分別できます。

  • 土着菌使用で微生物環境 リスクなし、補充も不要

    土着菌使用で微生物環境
    リスクなし、補充も不要

    他所からの菌の持ち込みをしないため、微生物環境を阻害しません。また、最初に定植した菌が装置内で継続的に増殖するため、菌の補充は不要です。

  • 水分調整が不要

    水分調整が不要

    脱水処理や水分調整剤の添加は不要です。

  • 発電事業の構築も可能

    発電事業の構築も可能

    ERSで処理した成果物を燃料として利用し発電し、自家利用や売電ができます。

  • 既存設備との併用でも 複数のメリットあり

    既存設備との併用でも
    複数のメリットあり

    既存の焼却設備、メタン発酵設備、堆肥舎などの廃棄物関連設備にERSを併用することにより、処理コストや環境負荷の低減を加速します。

COMPARISON 他技術の資源化装置との比較

蒸気・電気の生成
発酵・乾燥
(発酵温度65℃で
大腸菌等殺菌)
死亡鶏の殺菌(加熱温度90℃)
冷却
悪臭・排水の発生
乾燥
最終生産物の利用
バイオマス燃料としての利用
GHG排出量
処理前の分別
処理後の分別
副資材
堆肥化の所要時間
必要な設置面積
作業性
ERSシステム ERSシステム 従来のレンダリング装置 従来のレンダリング装置 従来の堆肥舎 従来の堆肥舎 バイオトンネル バイオトンネル
蒸気・電気の生成 できる できない できない できない
発酵・乾燥
(発酵温度65℃で
大腸菌等殺菌)
できる できない できる できる
死亡鶏の殺菌(加熱温度90℃) できる できる できない できない
冷却 できる(真空冷却) できる(オープン冷却) できない できない
悪臭・排水の発生 発生なし 発生あり 発生あり 発生なし
乾燥 できる できない できる できる
最終生産物の利用 燃料・肥料・飼料・敷料 できない 肥料 燃料
バイオマス燃料としての利用 × ×
GHG排出量 一番少ない ERSより多い ERSより多い ERSより多い
処理前の分別 不要 必要 必要 不要
処理後の分別 できる できない できない できない
副資材 不要 不要 必要 必要
堆肥化の所要時間 最短1日 堆肥化できない 2~6ヶ月間
(気候条件に影響される)
約20日間
必要な設置面積 最も省スペース ERS以上の面積が必要 ERS以上の面積が必要 ERS以上の面積が必要
作業性 誰でも簡単にできる 複雑(特定のオペレーターが必要) 誰でもできるが経験が必要 誰でもできるが経験が必要

STEP ERS導入までの流れ

お打ち合わせ
01

お打ち合わせ

お客様のご要望や現在のご状況をヒヤリングさせて頂き、最適なERSシステムの構成などをプランニングいたします。

ご注文
02

ご注文

ご注文の受領後、速やかに詳細設計などを行い、製造を開始いたします。

輸送・据付け・試運転
03

輸送・据付け・試運転

最も効率的な物流を手配し、装置を設置現場へ輸送いたします。その後、装置の据付け(土着菌の定植作業含む)及び試運転を行います。

運転・保守
04

運転・保守

遠隔監視システムにより、ERSの運転状況をリアルタイムに任意の端末(PC・スマートフォン等)で確認できます。ERSの運転に異常が発生した場合、メールでお知らせしいたします。

ご発注から設置完了までの期間は約6ヶ月です(ただし、社会情勢により大きく変動いたします)